株式会社ライトハウス

Profile

船団運営やコミュニケーションの課題をIoT化で解決

起業のきっかけ、ミッション、ビジョン

「未知を拓く」ということを企業理念に掲げ、「船舶のConnected化を通じた、海洋資源探索の民主化」を目指すベンチャーです。複雑で未知の部分が多い領域に対して、進むべき道を切り拓きたいという思いが込められています。

取り組んでいる課題

まき網やひき網等の船団漁業者が抱える、「他船の魚群反応や位置の把握が難しい」、「操業中に思うように船団運営ができない」等の船団の運営やコミュニケーションに関する課題をIoTとデータを活用して解決します。その解決を進める中で、操業の効率化を超えて海洋資源の持続可能性に貢献します。

ソリューション・サービス

船団漁業におけるコミュニケーションとデータ化を進める船団運営支援ツール「ISANA」。各船の魚群探知機やソナーなどの漁撈機器を、ネットに繋げ情報共有や記録を行う仕組みです。すでに導入隻数は600を超え、船団漁業では一定のシェアを獲得しています。今後は、関係機関との連携により、トレーサビリティや資源管理、漁獲管理等の機能を拡充予定です。

ビジネスロジック

メンバー

新藤 克貴

代表取締役CEO
東京大学経済学部および経済学研究科にて、製造業の技術経営の研究に従事。その後、コンサルティング会社戦略部門、大学発ベンチャー企業のCSO/CFOを経て、現職。

心を動かされたモノ、コト

ブラックホールと天体望遠鏡

問い合わせ先

電話: 080-3403-1203
E-mail: k.shindo@isana-g.com

2021年01月12日 更新