一般社団法人Social Innovation Japan

Profile

全国の無料給水スポットとユーザーをつなぐアプリ「mymizu」

起業のきっかけ、ミッション、ビジョン

とある日本の美しいビーチが大量のゴミ、特にペットボトルで汚染されていたことに衝撃を受けた共同創設者は、使い捨てプラスチックの消費を減らすことをはじめ、人々が持続可能なライフスタイルを簡単に、楽しく、実現できる世界を創っていくことをミッションとしている共創プラットフォーム「mymizu」を立ち上げました。

取り組んでいる課題

気候危機や環境問題は規模が大きく、貢献するためにどこから始めたらいいのか分からない人が多いです。 mymizuは、テクノロジーとコミュニティーの力を活用することで、一人でも多くの方々、企業や団体が問題に対して簡単に取り組めるようにし、持続可能なライフスタイルを促進する新しい文化作りを行っています。

ソリューション・サービス

使い捨てプラスチック消費削減をミッションとした、日本初の無料給水プラットフォーム。アプリを使って世界中20万箇所の無料で給水できる場所(公的水飲み場及び給水パートナーであるカフェ、お店等)とユーザーを結びつけます。mymizuアプリの他、コンサルティングサービス、教育プログラムや協同プロジェクトを通し、新たな社会の波を起こすことに取り組んでいます。

ビジネスロジック

参加型の「共創プラットフォーム」としてデザインすることで、多様なステークホルダーを巻き込み、拡張性のあるサステナビリティムーブメント作りが可能です。

メンバー

ルイス ロビン 敬

共同設立者・代表理事
20ヶ国以上における社会的企業や国際機関等での経験を持つ。エジンバラ大学国際ビジネス学修士課程卒業。渋谷QWSイノベーション協議会理事。

心を動かされたモノ、コト

2015年にソーシャルビジネスのパイオニアであるムハマド・ユヌス氏の講演会をバンコクで聞いて大きな刺激を受け、社会を変えるために社会的企業を創業しようと決意しました。

マクティア マリコ

共同設立者・代表理事
新聞記者やスタートアップ支援の経験を積み、2017年に一般社団法人Social Innovation Japanを立ち上げ。

心を動かされたモノ、コト

子供の頃の旅行で必ずイギリスの自然豊かな田舎を訪れたり、毎年ロンドンで開かれるワイルドライフ写真展に行ったりして、自然と「共存」することの大切さを感じるようになりました。その自然が破壊される中、先輩起業家の姿をみて行動しようとインスパイアされました。

問い合わせ先

E-mail: hello@mymizu.co
フォーム: https://www.mymizu.co/contact-us-ja

2021年01月26日 更新