一般社団法人アルバ・エデュ

Profile

すべての子どもに話す力を!「ミライに通用するプレゼン力向上授業」

起業のきっかけ、ミッション、ビジョン

仕事上、日本人のプレゼン力の弱さが国力低下を招いていると感じる一方、就活の失敗など話す力の不足ゆえに損をしている人々を減らしたいと思い、幼少期からこの力を鍛えるための社団を設立。自分の好きなものを見つけ、社会に対する志を持ち、堂々と主体的に活動できる子どもたちが溢れる未来を目指し、活動しています。

取り組んでいる課題

インプット主体の学校教育と実社会で必要とされるアウトプット主体の能力とのギャップは大きく、家庭や塾での補完に依存するため、教育格差は拡大する一方です。この現状を打破すべく、公教育で始まったアクティブラーニングやICT授業の具現化を目指し、学校や自治体をサポートしたり、オンライン授業を行っています。

ソリューション・サービス

話すのが苦手な子を一人でも減らしたい、日本人のプレゼン力を強化したい、という思いで設立しました。堂々ハキハキと自分の意見を言える子が増えるよう、学校・自治体に出前授業や教員研修、教材を提供しています。2020年3月からオンライン授業を開始。一線で活躍する講師を招き、経済困窮世帯へも授業提供をしています。

ビジネスロジック

すべての子どもに未来を拓く授業を。学校自治体へは出前授業・教員研修・教材、一般向けにはオンライン授業を展開。

メンバー

竹内 明日香

代表理事
東京大学法学部卒、日本興業銀行等を経て2014年一般社団法人アルバ・エデュ設立。東京農業大学非常勤講師、自治体のGIGAスクール構想アドバイザー、株式会社日陸社外取締役。

心を動かされたモノ、コト

学生の時に世界中を貧乏旅行した中で、ダ・ヴィンチが生まれたヴィンチ村を訪れたときの一面のオリーブ畑。風の流れに沿って、葉の裏が一斉に銀色に、まるで川のように輝いていたのが今でも忘れられません。

安達 睦

広報・企画担当
広告代理店マーケティング部や飲食店の経営企画などを担当。出産後は「ご近所イベントクリエイター」として活動。アルバ・エデュの活動に惚れ込み、2019年入社。

心を動かされたモノ、コト

佐藤可士和さんのロゴデザイン。経営企画の仕事をしているとき、ブランドとはなにかを可士和さんの講演会や本で学びました。

問い合わせ先

電話: 03-5981-9271
E-mail: info2@alba-partners.com
info@alba-edu.org

2021年05月11日 更新