株式会社Easpe

Profile

「Easpeモニタリングシステム」で効果的な療育を簡単に提供

起業のきっかけ、ミッション、ビジョン

大学時代の友人の娘さんがASDだったことをきっかけに、発達障害を取り巻く現状を深く知ることになりました。個別最適化された教育機会を社会全体で創出し「誰もが自己実現できる社会」を作りたいと考えていましたが、今まさにそれが必要なのは発達障害を持つお子さんであると考え、政治改革よりも早く着手実行できそうな事業会社を設立するに至りました。

取り組んでいる課題

現状発達障害を始めとした様々な特性や課題感を持つ児童がすくすくと育っていくかは、ご家族の経済・社会的リソースや支援者との巡り合わせに大きく依存しており、どの国どの地域で生まれた子供もすくすく育つという状況ではありません。我々は個別具体的な教育ニーズの高い児童達が、必要なことや学びたいことを学べる持続可能かつスケーラブルな仕組みの構築に取り組んでいます。

ソリューション・サービス

発達障害児支援に携わる施設・支援者様向けに、療育に必要な業務をワンストップで実施可能なクラウドサービスを提供しています。属人的になりがちな支援業務をテクノロジーでサポートし、効果的な支援をどこでも実現できる仕組みの構築に取り組んでいます。

ビジネスロジック

児童発達支援等の療育機関を対象に、主にBtoB・SaaS形式で提供しています。

メンバー

平塚 智博

代表取締役
2019年東北大学法学部卒業。大学在学時に仙台を離れ、大阪にあるベンチャー企業にてエンジニア、新規事業開発担当として勤務。2018年から2019年にかけてピッチイベントでの受賞やアクセラレーションプログラムの参加を経て株式会社Easpeを2019年3月に創業。

心を動かされたモノ、コト

ノブレスオブリージュ

問い合わせ先

電話: 06-7777-4245
E-mail: info@easpe.jp
フォーム: https://www.easpe.jp/contact-us

2021年03月31日 更新